メインメニュー

無題ドキュメント ■学園のあゆみ

昭和初期教会活動のかたわら、幼児教育の重要性に着目したフランス人宣教師により、青森県十和田・八戸・弘前の各地に幼稚園が開設され、東北地方の幼児教育の草分けとなる。

ついで、戦後の復興期と、これに続く経済成長期の幼児人口の急激な増加に応じ、各地に教会付属の幼稚園が誕生。その多くは、カナダ・スイス・メキシコからの宣教師の尽力によるものであった。

行政所轄庁の指導協力のもと、設置者であるカトリック仙台司教区は、周到な準備・検討の末、幼児教育の充実と事業の発展・永続を願い、学校法人の設立並びに各幼稚園の学校法人化に着手。

 1981年(昭和56年)4月  (旧)東北カトリック学園設立(イメルダ幼稚園)
 1982年(昭和57年)3月  (旧)宮城カトリック学園設立(気仙沼カトリック幼稚園・石巻カトリック幼稚園)
 1984年(昭和59年)1月  上記2法人を合併。現 東北カトリック学園を設立する。
 順次、青森・岩手・宮城・福島県下の各幼稚園が学法化され現在に至る。








学園の案内 | プライバシーポリシー | お問い合わせ
Copyright (c)2006 Educational Foundation Tohoku Catholic School All Rights Reserved.